用語解説


塗装業界には一般の方にはちょっと分かりにくい言葉がたくさんあります。主な専門用語をご説明いたします。

サイディング  建物の外壁に使用する,耐水・耐天候性に富む板。下見板。
シーリング・コーキング  窓枠の周囲,部材の接ぎ目などの小さいすき間にパテ状の充塡(じゆうてん)材を詰めること。
一液型 一液型とは硬化剤が不要,必要があれば希釈するだけで硬化反応がある塗料です。わずらわしい硬化剤の調合が不要となり、大幅な作業効率の改善につながり、経済的です。近年は技術開発が進み、耐久性も向上しています。
二液型 二液型とは主材と硬化剤を指定の比率で混合して使用する塗料です。強い塗膜形成と言う点では一液型より上だと思いますが、混合比率が不適切だった場合は、優れた塗料の機能を発揮しませんので注意してください。
 希釈  塗料の濃度を下げるために媒体の量を増加すること。
アクリル塗料  塗料は、液体の中に顔料という色の素を混ぜて作られます。アクリル塗料は、液体に水ではなくアクリル樹脂を使います。塗り替え時期の目安は約5年です。
 ウレタン塗料  塗料は、液体の中に顔料という色の素を混ぜて作られます。ウレタン塗料は、液体に水ではなくウレタン樹脂を使います。水を使う場合に比べ、塗料が乾いた時の硬度やコーティング膜の形成という効果があります。アクリル塗料よりも耐久性が高く、塗り替え時期の目安は8~10年です。
 シリコン塗料  塗料の主成分である樹脂がシリコン系の塗料をいいます。耐久性・耐熱性に優れており、塗り替え時期の目安は12~15年です。
 フッ素塗料  塗料は、液体の中に顔料という色の素を混ぜて作られます。フッ素塗料は、液体に水ではなくフッ素樹脂を使います。シリコンより耐久性に優れており、外壁では最も高価です。塗り替え時期の目安は15年~20年です。
 エポキシ樹脂  分子内にエポキシ基を2個以上含む化合物で、硬化剤との化学反応により優れた接着性・耐薬品性・耐熱性及び電気絶縁性に富んだ硬化物が得られる機能性樹脂のこと。
 左官工事  モルタル塗り、日本壁塗り、ブラスター塗り、またサッシまわりのモルタル詰めや、打ちっ放しコンクリートの補修などがあり、一般的に最終的な表面仕上げの塗り工事全般のことを指す。
 目地(めじ-ぢ)  石・煉瓦(れんが)などの組み積み材,タイルなどの貼り付け材の継ぎ目。
コロニヤル屋根  薄いスレ-ト板を重ねて張った屋根のこと。
 タスペーサー  屋根塗装(塗替え)時の縁切り作業をより適切に行なえる部材。
 プライマー  外壁の材料に直接塗る塗装材。外壁材を保護して、上に塗る塗料が乗りやすくするのが主たる役割。
 シーラー  粘着力を持っていることが基本で、上に塗る仕上げ剤と下のプライマーをつなげる役割を持っている。
フィーラー  下地とプライマーによってできた、表面の凸凹を埋めて、均一な面を作る役割がある塗材。均一な面に仕上げ剤を乗せると、仕上がりが(色合いなども)とてもきれいになる。
 (社)日本塗装工業会  建設関係の塗装工事にたずさわる 施工業者で構成された全国的な団体。会員相互の協力によって、建設塗装にかかわる技術と経営の進歩改善を図り、 建設塗装工事業の健全なる発達と建設文化の向上に寄与することが目的。
 建設業労働災害
防止協会
 建設業から労働災害を無くすために、自主的な安全管理活動を推進している厚生労働省所管の特別民間法人。