豆知識


外壁塗装工事でお悩みの方へ

 塗装工事を考えておられる段階でも、塗装工事が終わってからもお役に立つ情報をお知らせいたします。


 その1.外壁の色を決める時 

 外壁の色を考えるときに悩まれる方が多いです。小さい色見本を見て決めも実際とはイメージが違ったという方もおられます。当社では色見本を何パターンも用意して、長年の経験によって全体の色味がどうなるか等を熟知していますので、施工後のイメージを的確にアドバイスし、お客様が納得していただける仕上がりにいたします。


 その2.外壁塗装を長持ちさせる秘訣 

 外壁塗装を長持ちさせるには高耐久塗料を使用すれば良いという訳ではありません。なぜなら高耐久塗料を塗ってもシーリングが劣化してしまったら意味がないからです。シーリングの役目は1つ「雨の侵入を防ぐ」事です。このシーリングがしっかりしていないと雨が家の壁の中に入ってしまう可能性があるため、いくら高耐久の塗料を使って施工しても駄目なんです。高耐久塗料と高耐久シーリングをセットで施工する事をおすすめします。


 その3.定期的な塗り替えが有効的 

 塗膜の劣化が出てきた場合になるべく早い段階で塗り替えを行うことで外壁の素材が傷みにくくなり、塗装も長持ちしやすくなります。


 その4.場所に合わせた塗装を行う 

 紫外線や風雨に多く晒される部分ほど塗装の劣化が早まります。例えば外壁よりは屋根の塗装が、北側の外壁よりは南側の外壁の方が塗装は傷みやすくなります。立地条件や日射量に合わせて塗料を変えて塗装することで塗り替えが必要になる時期を延ばすことができます。


 その5.日頃のメンテナンスを忘れずに 

 膜塗装工事の後は、日頃からお手入れをおすすめします。基本は水洗いですが、すでにひび割れが見られたりするような場合には、水は厳禁です。また、塗料によってメンテナンスの方法は異なるので注意しましょう。ひび割れや塗料の浮き、カビ、サビなどがないかもチェックし、あれば早めの対策を。