Q&A


≪全般≫

 Q 塗装の見積もりにはお金がかかりますか?

A 見積り料金は一切かかりません。当社のスタッフによる現地調査及び調査報告書の作成並びに見積書の作成は全て無料です。お気軽にお問い合わせフォームかお電話でご連絡ください。

Q 見積もり後にキャンセルしても良いですか?

A もちろん大丈夫です。当然キャンセル料金も発生いたしません。他社様のお見積りと比較していただき、キャンセルということも当然出てくるかと思います。比較させるときには、金額だけで判断するのではなく、塗装の効果や将来のメンテナンスについて等総合的に判断される事をお奨めします。

Q 別の業者の見積もりが良く分からず比較できませんでした。

A 他社様と当社の見積書の作り方は必ずしも同じとは限らないので、比較しづらいという事が起こる事もございます。他社様と当社の見積書の内訳について、どれとどの項目が対応しているか等ご説明もいたします。お気軽にお問い合わせください。

Q 施工を行えるエリアはどこですか?

A 当社は富山県富山市を中心とした富山県全域を対象に施工を承っております。県外の方でもお客様との相談の後、施工を承る事もございますので、お気軽にお問い合わせください。

Q 塗料の種類がたくさんありすぎて、どれを選べばいいか分かりません。

A 塗装工事を初めて行うお客様は当然悩まれます。ご安心ください、当社の経験豊富なスタッフがシュミレーター等を使い、お客様にご納得いただけるお色をご提案いたします。

Q 自分で塗料の色を選ぶ事はできますか?

A はい、もちろん可能です。各塗料にはたくさんのバリエーションがありますので、お客様のお好みの色をお選びいただけます。また、その際には当社スタッフよりご説明ご提案もいたします。お客様に納得していただき、施工に臨んでいただきたいからです。

≪一般住宅編≫

Q 塗りかえ時期の目安はどのくらいですか?

A 8~10年くらいが塗りかえの時期です。壁にカビやヒビが見られるようになったり、ベランダの手すりや屋根などの鉄の部分が錆びている、 また木製玄関ドアの塗装が汚れてきたなどの症状があれば塗りかえ時期とお考えください。

Q アフターケアが心配です。

A 工事終了後、(社)日本塗装工業会の検査員が検査し、「品質保証書」を発行します。最長5年のアフターケアを(社)日本塗装工業会が保障しますのでご安心ください。

Q 塗料から有害な化学物質が発生しないか心配です。

A 建築基準法の改正により厳しい基準をクリアした、子供やお年寄りにも安全な環境にやさしい塗料を使用しています。ご安心ください。

Q すぐに工事を終わらせたいのですが、最短でどれくらい早くできますか?

A 天候によって工事の期間が変わりますし、外壁等の下地の状態により期間が延びる可能性もあるので、期間は一般住宅で言えば2~3週間が目安だと考えます。

Q 外壁塗装に合わせてベランダや屋根等の補修もお願いしたいのですが。

A おまかせください。当社は外壁塗装だけでなく、屋根塗装やベランダの補修なども手掛けております。建物に気になる箇所がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

Q 塗装工事の施工中は、私は家に居ないと駄目ですか?

A いいえ、必ず家に居ないと駄目という訳ではありません。ただし、外出の際は戸締り等を忘れないようお願いいたします。

≪店舗・事務所・工場編≫

Q 工場床用塗料にはどんな塗料を選択したら良いのでしょうか?

A 工場内で一般的に使用されているのが1液タイプのアクリル樹脂溶剤塗料です。このタイプは安価な材料で素人でも比較的簡単に塗装できるのが特徴です。
ただ、性能面においては薄膜ということもあり耐久性が劣ります。塗替えサイクルからいいますと、厚膜タイプのエポキシ樹脂塗料の採用をお勧めします。強靭な塗膜が得られ剥がれにくい材料だからです。

Q 工場の外壁などの色の選択に困っています。

A 工場の外壁塗装は大規模なものはそう頻繁に行われるものではないので、色の選択に困られる事もあるかと思います。会社のイメージカラー等も候補に挙がると思いますが、その場所で働かられている従業員さんが気持ちよく働ける色にするという考え方もあります。当社のスタッフがシュミレーター等を使い、その色が及ぼす人への影響やその他のメリット・デメリット等を分かりやすくご説明・ご提案いたします。

≪共同住宅編≫

Q 大規模修繕工事を計画していますが、最適な時期はいつですか?

A 大規模修繕工事ではバルコニー床防水工事を伴う事が多いのでエアコン室外機が一時的に使用不可能になります。エアコン使用の少ない春(3月~梅雨入前)か秋(9月下旬~11月下旬)の施工が適しています。

Q マンションで生活しながらの工事はできるのですか?

A マンションの大規模修繕工事は、居住者の皆様が生活しながらの工事ですので皆様方の生活最優先で工事を進めていきます。当社では、住まわれている方へのご迷惑を最小限におさえる努力をして施工しております。

Q シンナーの臭いで気分が悪くなったりしませんか?

A 最近では塗料の開発が進み、特にマンションの建築塗料では水性タイプの塗料で無臭の塗料が出ています。どうしてもシンナー系を使う場合もありますが、その場合はよく換気するなど最善の注意を払って施工させていただきます。

Q バルコニーの塗装の時、気をつけることはありますか。

A 基本的に皆様にお願いしていることは、
・手摺につけてあるスダレ、アンテナ等は取り外しをお願いします。
・バルコニー内にある荷物、植木鉢、物置等は片付けをお願いします。
・洗濯物、布団はバルコニー施工期間中はご遠慮ください。
・サッシに付いている網戸は撤去をお願いします。
・作業員の出入りを足場から行いますが、プライバシー保護のため サッシは施錠し、カーテンも引いておいてください。
・バルコニー施工期間中は窓、サッシはビニールでマスキングしますので開閉や出入りにご不自由をおかけします。
以上ですが、エアコン室外機についてはその都度、当社と相談していただけたらと思います。

Q 大規模工事の際、突発の事故、居住者、第三者への災害などの時 どうなりますか。

A 当社が保険に入っており、 建物、近隣建物等対物、居住者、第三者へ対人、労働災害、など 万一の災害も対応できます。

Q 大規模修繕工事(外壁塗装工事)は築後何年ぐらいで計画すればよいのですか。

A 通常大規模修繕工事は10年サイクルとされていますが、現実10年で計画しはじめて、12~13年で工事を行う所が多いようです。

Q 屋上防水工事は築後何年くらいで計画すればよいですか。

A 新築当初屋上防水は10年保証が出ているのが普通ですので特別漏水の 現象がなければ12~13年で工事を行えばよいと思います。 屋上防水改修工事も通常10年保証を致します。

Q 大規模修繕工事計画の際、バルコニー床防水工事は必要ですか。

A 新築当初、バルコニー床は防水モルタル仕上げが多いのですが 、モルタル防水層は約5~6年程度しか防水機能がありません。このまま放置してバルコニー床から雨水が侵入した場合、階下の専有部(部屋の中)に漏水する事も充分に考えられます。またバルコニー床の防水工事は足場も必要になってきますので大規模修繕の計画に組み込む必要があると思います。

Q マンション大規模修繕工事で工事期間中ずっと洗濯物が干せないと 聞いたこ とがありますが、本当にそうですか。

A 大規模修繕工事は規模にもよりますが、2カ月程度はかかると 思います。その間ずっと洗濯物が干せないということは生活できないと 同じことです。バルコニー工事期間中だけ洗濯物をご遠慮いただくという施工体制をとっている所が多いようです。

Q マンション大規模修繕工事というものはどのくらい期間がかかるのですか。

A 規模・内容にもよりますが、
20戸程度    約1ヵ月
30~50戸程度  約2ヵ月
60戸程度以上  約3ヵ月
を目安としていただきますが、天候による工事の遅れもありますので、多少余裕を見てください。

Q 外壁に塗る塗料はどんな仕上塗料が適していますか。

A 現状を見せていただき、汚れのひどい建物は汚れに強い塗料、ひび割れの多い建物はひび割れに強い塗料を選択する等、状況に合わせた塗料の選択をすることをおすすめします。いずれにしても当社に一度にご相談ください。

Q 手すりなど鉄部分のさび落としはどの程度までするのですか。

A さび落とし(ケレン)にはサンドペーパー、ワイヤーブラシなどによる手作 業、ディスクサンダーなどによる機械的処理、薬品などによる 化学的処理、ブ ラスト処理などの方法があります。建物など現場で行える方法は手作業を中心に、状況に応じて機械的処理までです。
この方法で、
*赤錆びの部分は金属肌が見えるまで除去する。
*浮き上がった旧塗膜は必ず除去する。
*さびてない部分もペーパー掛けは行う。
以上のような作業が必要と思われます。